患者さまの声

当院の施術を受けた患者さまから、喜びの声をお寄せいただいております。
なお、当院では、患者さまのプライバシーに配慮し、例えご本人の同意が得られましても、実名での掲載はいたしません。

蓄膿症「我慢できない激痛で・・」

浦河町 高橋勇一郎さま(仮名) (39歳)私は、平成26年11月に右鼻の蓄膿症の手術をうけました。気功治療と浄霊をともに行っておりましたので、その感想を書きたいと思います。

私は以前よりずっと鼻がつまる感覚はありましたが、特に病院に行くことはありませんでした。ただ濃い色の鼻水がでるようになり、それが続き、また鼻で息をするのも苦しくなってきたので、病院で診察を受けることにしました。病院ではレントゲンをとりました。医師から言われたのが、右側の副鼻腔がかなり炎症していると思われるということでした。私は蓄膿症と診断を受けました。それが平成26年9月のことです。1ヶ月様子をみてよくならなければ、手術も検討した方がよいとのことでした。当初、手術は入院期間が2週間ということもあり、考えていませんでした。しかし、薬を飲み続けても、いっこうによくなる気配はありませんでした。また、歯茎の奥が痛くなったり、頭痛が続くようになりました。そのような状態もあり、AST治療を受けることにしました。AST気功を受けたその日の夜は頭痛の痛みは半減しましたが、翌日にはまた痛みがつづきました。

ある日、激しい頭痛が私を襲いました。激痛で頭を抱えるくらいの痛みでした。その時は夜だったため、救急夜間病院にいきました。救急だったので、検査もできないとのことで、痛み止めの薬を処方され帰ってきました。しばらくして、今度は痛みと同時に目の下が腫れて「ものもらい」になったように目がただれてしまいました。職場の上司も、すぐ病院行って検査したほうがよいと言ってくれました。病院で検査を受けると、脳のCTでは特に脳は問題ないとのことでした。鼻のCT写真で副鼻腔に腫瘍があるとのことでした。悪性でないかどうかを調べるために、MRIをさらにとらないとわからないこということになりました。ただ、浦河町の病院では、手術はできないとのことがあり、札幌の病院での入院手術を考えていたので、MRIは浦河の病院ではなく札幌の病院でとりたいと言いました。札幌のどこの病院がいいか聞いてみたところ、「がんセンター」という話になりました。それを聞いたときはさすがに私も驚きました。自分はがんなのかという不安もよぎりました。「がんセンター」だと職場や親戚にも事態が大げさにとらえられるので、別の病院でお願いします、ということになりました。結果、札幌の市立病院に紹介状を書いてもらいました。

平成26年11月17日、市立病院で、MRIをとりました。結果は悪性のものではなく、副鼻腔が炎症しているということでした。がんではないとわかり一安心でしたが、それでおわりませんでした。私は医師に手術できる日程をききました。その答えは「今の高橋さんの症状は、悪性のものでなく緊急を要するものでないので、今すぐの入院はできません。薬を処方しながら様子見でいいのではないでしょうか。」という話でした。しかし、私は相変わらず、頭痛は続いていたので、何とか早く直したいという気持ちが強かったです。それですぐに入院させてくれる病院を紹介してもらいました。中規模の個人病院ではありますが、札幌市厚別区の耳鼻咽喉科病院でした。

厚別で入院後、私は気功治療と伴に、浄霊の依頼もしました。浄霊の依頼内容は「副鼻腔炎による痛みがおさまる」と「手術がうまくいく」という内容のものでした。影響力の強い霊が複数関与していて、あの激痛のような痛みや医者の腫瘍があるという驚きの発言などは、そのような霊の影響とのことでした。浄霊を依頼し、その後手術という流れだったので、手術や術後の治療は何の問題もなく順調に進みました。今思えば、浄霊をおこなっていなければ、手術後の経過もよくなったかどうかわかりません。これも治療と併せて浄霊を行ったおかげかなと思います。浄霊は一般的には知られていない方法ですが、私は今回その効果を実感したので、今後も何か人生の岐路に立たされるような場面があれば、また浄霊を依頼したいと思います。

原因不明の顔のしびれ、体調不良、肩のこり「なにか重い病気なのでは・・・」

日高町 高橋勇一郎さま(仮名) (41歳)

頬にしびれ感がある、肩のこり、だるさ・やる気のなさ、などの症状各種を訴えてお電話がありました。顔のしびれがあったことから、

「脳梗塞とかそういう心配はありませんかね?」

と重い病気ではないかという不安も口にしていました。

肩から頭部にかけての一貫性のない、漠然とした症状は、主に、自律神経の乱れが原因で起こる「不定愁訴」という症状です。
肩こり、首のこり、頭痛、吐き気、全身倦怠感・疲労感、やる気が出ない、気が滅入る
などが主な症状ですが、頭部に限らず、時には、風邪でもないのに咳や発熱、腹痛、下痢、胃の痛み、臓器の急な炎症が起こることもあります。
症状に加えて、それぞれの症状が出る部分も全身的にバラバラで関係性がなく原因がわからないため、精神的にも不安になると、ますます重病感を感じやすくなります。

「自分はなにか重い病気なのではないか」
「ガンじゃないか・・・」
「脳梗塞じゃないか・・・」

という不安が大きくなるような感覚になるようです。
東京では、2~3月と5月頃が多いように思いましたが、北海道では、6~8月の夏の時期にこのタイプの患者さんが増える傾向があります。夏なのに涼しい、涼しかったのに急に熱くなる、十勝などでは雨続きで寒い、というような天候不順も関係しています。

高橋さんのもお話しの感じから、自律神経だと判断されたので、遠隔治療しました。
翌日メールでおかげんをうかがいました。

「おはようございます。体調はよくなりました。肩はまだ少し凝りはありますが、ほっぺのしびれは気にならない程度です。」

さらに、夜のメールでは。

「昨日よりかなり具合よいです。昨日はお酒も飲めないくらいだるかったのですが、今日は食欲もあります。気功の効果だと思います。」

自律神経の乱れから症状を訴えて病院に行って検査しても、「なんでもない」と言われます。なんでもないはずなのに症状はある、そのことで患者さんはますます追いつめられるようです。病院の治療は優れていますが、「目に見える世界」を射程範囲としていますので、残念ながら、目に見えない部分の治療が不得意です。
自律神経の症状は、患者さんには重病感がある割に、気功治療の側からは見切れてしまえば「簡単なこと」なんですね。

あれこれ悩まず、当院にご相談ください。

便秘の腹痛「仕事のストレスで限界状態だったのが・・」

札幌市、山中博美さま(仮名) (42才)施療開始時のご病状は、お仕事上のストレスから来る疲労、首から肩のこわばり、だるさ、頭痛など、自律神経の乱れを起こしていると思われる症状で限界状態でした。症状は特に重くないものの、子宮筋腫があり、そちらの治療も併せておこなっています。

札幌での直接施療と遠隔施療の組み合わせで継続して受けることで、少しずつ改善しています。急な症状に対応した際のご報告を頂きました。

「以前のようなだるさが減ってきて、いつも丸い背中が無意識に背筋が伸びてる時間が増えた気がします。出張時に排便リズムが崩れてから、左腹部(筋腫の隣ぐらい)が痛いんです。普段から便通がいいとは言えない体質で、時々痛くなるのですが、その後ちゃんと出ているのにまだ痛くて、お腹に力を入れることが困難です。治療お願いいただけないでしょうか。」

遠隔治療で対応したところ、翌日・・・

「真っ黒なため込んでいたような便がでました」

さらに翌日・・・

「昨夜から左下腹の痛みがなくなりました。嘘みたいです。昨夜と今日、腸がスカスカになるほどの便がでました。遠隔治療ってすごい!ありがとうございました。」

先日、出張先で急に歯が痛くなりだした、とのことで、遠隔治療で対応しました。

「あんなに泣くほど痛くて鎮痛剤も効かなかったのに、搭乗して少し経ったら痛みが全くなくなりました!本当にありがとうございました!それにしても感謝と不思議で頭いっぱいです!」

認知症、首の曲がり「明らかに良くなってきてびっくり!」

札幌市、山中のり子さま(仮名) (71才)山中博美さまのお母様で認知症があり、市内の病院に入院中、首が90度右に曲がっていて痛みを訴えている、ということで、病院の都合もあり、遠隔治療で行っています。

「今、母の面会に行ってきたのですが...、母の首が、今まで90度に曲がっていたのに今日70度くらいで、「首よくなってきたね。」と声かけたら、「うん、痛みが少なくなった」と、自力で30度位まで時々戻そうとしていました。間違いなく遠隔治療の効果だと確信しました。岡本先生に感謝です。
そして、私は帰りに病院のトイレでまたもや宿便排泄。これまた、岡本先生に感謝です。」


認知症の具合も改善してきているようで、先日札幌での治療時、口頭でご報告いただいたお母様の具合です。

「首はかなり起きてきてます。目もうつろだったのがはっきりしてきて、言葉もはっきりしてきて、食事の時、以前は全部介助してもらわないといけなかったのに、こぼしながらも、自分でお茶碗もお箸も持って食べていました。明らかによくなってきてるのですごいびっくりしてます。」

ドライアイ「朝、目がごろごろして痛かったのが・・」

札幌市、高木義一さま(仮名) (45才)「朝目が覚めると目が痛い」という症状があり、目を開けて寝ているらしいのでそのせいでしょうか?とご相談を受けました。

朝、目がゴロゴロする、目が痛い、というのはドライアイの典型的な症状だったので、先月出たばかりのドライアイの治療を行いました。また、前日お腹の調子が悪かった、ということで、それも併せて行いました。翌日・・・

「目の治療、ありがとうございました。今朝は目が痛くなかったです!大丈夫でした。快調になりました。お腹もあれから正常に戻りました。本当に感謝です。」

ドライアイは、継続して治療をしていくと、安定していきますね。

高血圧「上260、下200にまで上がった血圧が・・」

東京都八王子市 上原乃梨子さま(仮名) (69歳)今年の3月(平成11年)に、体調が悪かったので、たまたま血圧を測ってみると、上が260/下が200もあってびっくりしました。
持病の神経痛があり、整形外科でもらった痛みどめを長期間飲んでいたせいで一時的なものだろう、とは思いましたが、数字が数字だけにこのままでは危ないのでは、と思いましたし、もともと血圧が高めだったので心配になり、ASTおおぞら気功院の岡本先生に頼んで、遠隔治療を受けてみることにしました。
治療を始めた翌日血圧を測ってみると、いきなり上153/下88にまで下がっているではありませんか!驚きながらも、下がってほっとしましたが、「また戻りがありますよ」と言われた通り、翌日は上168/下98に少し上昇、でもそれからは、上164/下82 → 上161/下71・・と少しずつ下がり、一週間後には上143/下72になりました!
それからも遠隔治療を続けて、今は上140~150/下70~80で安定しています。
200を超える数値はあぶなかったと、今になって怖くなりました。
本当にありがとうございます。
長い間に硬くなった血管の弾力をとり戻すには、やはり長い時間がかかると思いますが、ふつうは老化でかたくなった血管は元に戻らないといいますから、それが出来るこの気功はすごいと思います。薬も使わず、副作用もないのも安心です。
これからも続けたいと思います。

クローン病「主治医もびっくりしていました!」

東京都八王子市 佐藤恵祐さま(仮名) (44歳)※奥様から、ご主人恵祐さんの遠隔治療のご依頼があり、当院独自メソッドでの治療後、病院の検査に行かれた際の結果ご報告です。小腸イレウスがあり、体調が悪い、食事を吐くこともありやせている、頭痛や発熱などの症状でした。

経過(お電話でご報告頂いた内容)
○治療開始後まもなく、調子がいいらしく本人の気分がいいようだ、とご報告頂きました。
その後も、「顔つきが穏やかになった」「体が楽なようだ」というお話でした。
○治療から約一ヶ月後の検査で、小腸の閉塞はまだあるものの、血液検査の炎症数値は下がっている、との結果でした。
○さらに約2週間後の血液検査では、全て正常値!

「少し数値がよくてもなかなか「いい」とは言ってくれない慎重派の先生が「とてもいいですね」と言っていました!」

※以下は、治療を続けて9ヶ月後、定期診察の結果について、奥様からのメールです。

岡本先生、こんにちは!
1日に定期診察に行きましたところ、血液検査も良く、
「こんな結果が出るのは珍しい」と主治医がびっくりしていたそうです!
何もなしでこうはいかなかったと思います。大変うれしいです。ありがとうございます!
まだまだ油断せず、先生にお世話になると思います。

子宮筋腫「大量の出血と貧血に悩まされていたのに...」

札幌市 渡辺知美(仮名) (49歳)私はもともと3cmほどの子宮筋腫がありましたが、体が冷えたことが原因でしょうか、ここ2年ほどで子宮筋腫が2倍ほどの7cmの大きさとなり、それに伴い、生理時の出血が多量になり貧血状態になっていました。生理2日、3日目は、昼間でも夜用のナプキンを当てていて、それでも1時間ともたないほどでした。病院では診察のたびに手術をすすめられていました。
昨年(平成27年)9月に初めてAST気功を受けました。
とても心地よく、また、今までに経験したことのない不思議な感覚でした。服の上から手でさするようにしていく施術ですが、体の少し内側をさわられているような、とても繊細な感触でした。
遠隔治療も含めて治療を受けた翌月の生理では、出血量が激減しました!今までの出血の1/5くらいの量となり、夜も熟睡出来るようになりました
11月に受けた健康診断では、子宮筋腫は少し小さくなり、手術の必要はなくなりました。そして昨年、両胸にあったしこりが、右は数が減り、左はなくなっていました。
現在は貧血も改善できるように治療をつづけています。
気功治療で血流が良くなったおかげと思いますが、今年の寒い冬も体がぽかぽかして、昨年までのように冷えに悩まされることなく毎日を過ごしています。
AST気功はまさに、これからの医療を担っていく治療だと実感しています。
日々元気に過ごせることに感謝の気持ちでいっぱいです。

岡本先生、どうもありがとうございます。そして、これからもどうぞよろしくお願いいたします。

アトピー(アレルギー)「発疹とかゆみがなくなりました!」

石狩市 本田玲子さま(仮名) (60歳)※小麦、米などのアレルギーがあり、初回治療後、長年アトピーの炎症痕・ステロイド焼けが黒っぽく色素沈着していた腕や首が、「きれいに白くなりました!」と効果を喜んでいらっしゃいました。ストレスなどでも症状がひどくなることがあり、治療を継続して受けていらっしゃいます。

以下は、小麦食品を食べた後にアトピーが出て治療を行った後、メールでご報告頂いた内容です。


おはようございます。
9日はありがとうございました。
アレルギーの経過をお知らせ致します。

9日夜 発疹の激しい部分が氷を当てたように冷たくなりました。
10日 発疹の赤身が薄くなり、痒みがほとんどなくなりました。
今朝は発疹部分が乾いております。

速やかな変化があり、感謝しております。
ありがとうございました。

冠攣(れん)縮性狭心症「今は発作がなくなりました!」

石狩市 本田玲子さま(仮名) (60歳)※本田さんは、もともとはアトピーではなく狭心症で来院されました。
AST気功は循環器系(心臓、血液・血管系)の治療を得意としており、これまで、狭心症には治療期間半年以内でほぼ治癒率100%の結果を出しております。巷では治らない疾患ととらえられていますが、AST気功師としては「よくなる病気」の分類に入ります。
 注)狭心症でも、心臓の他の慢性的な症状、不整脈などが重なっていますと、治療が長期化することがあります。実際には、狭心症だけは治って、その他の症状が残る(=長くかかる)、ということです。

AST気功ではよくなる病気とはいえ、狭心症は発作性のため、発作の出方、対処の遅れで命にかかわる疾患です。患者さんにとっては、「いつ来るのか」という恐怖が常にあるため、精神的にも負担が大きく、そのストレスが発作を誘発するという悪循環におちいっている方も少なくありません。
本田さんのケースも、顔色は悪く、ひどい時は3分余りも続くこともあったそうで、いつまた起こるか、という不安・恐怖が常にあり、そのストレスで、狭心症の発作だけでなく、アレルギーもひどくなる、という影響があったそうです。

経過
○初回治療後、いつも不安や恐怖があったのが、3日くらい心臓のことを忘れていた!
 それと連動して、腕の茶色いアトピーのステロイド焼け、炎症痕が普通の色になった。
○治療の間隔があいた後、再び狭心症の症状が出て来て、お電話を頂き遠隔で治療しました。
 遠隔治療で続けているうち、症状が出たとおっしゃらなくなり、アレルギーの治療が中心になっています。
 治療から半年経ちますが、心臓の症状は出ていないようです。

アレルギー「首が突っ張って動かせないほどの腫れが・・・」

石狩市 本田玲子さま(仮名) (61歳)

メールで遠隔治療のご依頼がありました。

「首と顔にひどいアレルギーが出て腫れと赤みがあり、首は突っ張って動かせないほどです。首がもっともひどいです。顔は全体的に赤く腫れています。顔と首に遠隔お願い出来ますか?」

遠隔治療で2回炎症を治める治療をした直後すぐには治まりませんでしたが、3時間ぐらい時間をおいてから再度遠隔治療を2回しました。
その数時間後。

「先生、遠隔してくださったのですね。
顔と首の赤み、腫れが引き、皮がぺりぺりむけ始めました。
楽になりました。本当にありがとうございました。」

翌朝、おかげんをうかがうと。

「おはようございます。
顔の腫れが引き、首は皮が剥け始めました。
本当に楽になりました。感謝申し上げます。
またお世話になることと思います。どうぞよろしくお願いいたします。」

急な炎症に治療をすると、そこから修復作用が始まって、治まる結果が出るまでに2~3時間の時差があります。時間を見ながら症状の変化に応じてきめ細かく治療を入れていくことで効率よく炎症を治めることが出来るのも、遠隔治療の強みです。

注)急な症状の遠隔対応は、コンサルティングを経て治療を受けている既存患者さんのみとしております。

心臓の痛み「心臓の痛みが取れました!」

石狩市 本田玲子さま(仮名) (61歳)

天候不順から自律神経の乱れがあり、遠隔治療を継続していましたが、ひどいアレルギーの後、ずっと出ていなかった心臓の症状でご連絡がありました。

「実は心臓が痛くて目が覚め、様子をみています。遠隔治療をお願い出来ますか?」

お薬も飲んだということなので、薬害をとりながら、心臓を遠隔で治療しました。
2時間半後、

「先生、ありがとうございました。
心臓の痛みが取れました。快適です!」

よかったですね。

慢性甲状腺炎「甲状腺の腫れが半分に!」

札幌市 高橋節子さま(仮名) (74歳)私は慢性甲状腺炎(橋本病)を患っております。
毎年一回定期検診をして頂いておりましたが、3年ほど前の定期検診で、甲状腺が左右大きくなっていると別な病院を紹介されました。レントゲンの結果、甲状腺の大きさが普通の人の10倍に肥大していて、そのために気管が曲がっていて、いつ窒息死するかわからない、手術をして甲状腺を取った方がいい、と言われました。しかし、ホルモン状態は正常に働いているということでした。
医者の話では、手術して甲状腺を取ったら一生ホルモン剤を飲まなければならないというのです。私は手術は絶対にイヤだと思い、医者にも、手術はイヤです、と言いました。
そんな時、気功にご縁を頂きました。
始めて1~2ヶ月はあまりこれと言って変化はありませんでしたが、でも何か、気持ちがすっきりするものがありました。
3ヶ月を過ぎた頃から、甲状腺の腫れが小さくなってくる実感がありました。だんだん首元は細くなり、腫れも小さくなってくるのがはっきりわかるようになりました。とてもうれしかったです。首のスジというかシワというか、普通の人の首になってきたのです!
気功のおかげだなー!と思いました。
手術をするように言われた時の、甲状腺の重さ120gでしたが、先日の定期検診の時の重さは60gでした。本当にうれしかったです。
ご縁を付けてくださった方、そして、治療してくださる岡本先生に感謝申し上げます。
本当にありがとうございます。これからもよろしくお願い致します。

脳梗塞の後遺障害「装具もいらなくなりました!」

旭川市 坂野太一さま(仮名) (47歳) 私は3年前にもやもや病右脳梗塞を発症しまして左片麻痺になってしまいました。
 発症直後から約6ヵ月2つの病院に入院しました。退院後に自分の体を改めて見つめなおすと、左腕は動かない上、歩くことも出来ず、金属の大変重量のある装具で歩けと言われてもなかなか大変なものでした。
 「私の人生終わったな?」と思いましたがまだ諦めるわけにはいきません。
 ある日今までやっていたリハビリも落ち着いた頃にもっと何かいいものはないかとネットをみていて、「ASTおおぞら気功院」のHPで「AST気功」というものを知り、私は興味深々で読んでみました。
「あっ!なーる!ほど!」
「私が今までやってきたリハビリは何だったんだろう」
と考えさせられる内容でした。
私は早速岡本先生に電話で問い合わせて施術を受けました。
 施術を受けても初めの内は正直、効果がわかりませんでしたが、4回くらい受けたころから効果がわかり始めてきました。岡本先生によれば、施術の内容が定着するまでは変化が感じにくいが、脳が覚えて機能が働き始める頃から効果を実感する人が多いらしいです。周りからも、「随分よくなったね~」と言われるようになり、うれしくなりました。
ASTはすごい!と思い、私が気功で良くなった分、今度は、私が気功師になり、広めて行こうと言う気持ちになりました。この気功はすばらしいです。
 日常無くてはならなかった装具もすっかり必要なくなり、今では装具なしで生活しています。
私はこのAST気功を皆様に広めていきたいです。残念ながら旭川にはまだAST気功院はありませんので、私と同じ麻痺の方にも、将来、私の施術でお役にたてればと、気功師になる夢を思い描いています。まずは自分が麻痺を治さなくてはと思っていますので、まだ当分は岡本先生にはお世話になります。
 私の人生でASTと出会えたことで、またやる気が起きて来ました。これからです。
これからもお世話になります!

急性咽頭炎 「40度の発熱で病院にいます!」

札幌市 広川晋一さま(仮名) (41歳)

普段はご家族の遠隔を頼まれることが多いのですが、この時はお父さん本人が、娘さんから感染したと思われる急性咽頭炎で40度の熱が出て、病院で点滴中という中で遠隔治療依頼のメールがありました。

遠隔治療後。

「遠隔と点滴で3時間で平熱に戻りました。ありがとうございます。
遠隔治療が終了したあたりから、汗がかなり出て、体内の熱を発散して熱がさがりました。」

体力が落ちていたのでしょうか。回復が早くてよかったです。

気功エステ「しっとり感がハンパないです!」

札幌市 井上香里さま(仮名) (52歳)

井上さまは、体調不良で治療を受けていて、気功エステも受けてみたいというご要望があり、直接治療で来院した際に気功エステを併せて受けるようになりました。
主にフェイシャルエステで、お肌の改善とリフトアップを行いました。
初めて気功エステを受けた翌日と2日後にメールで頂いた感想です。

【翌日】

どうしましょう!♡
しっとり感がハンパないです!
昨日に比べて、お肌のキメの細かいこと!!
びっくりです。

化粧水や乳液を乗せると、馴染むこと、馴染むこと!
ファンデーションも薄くても自然で、しっくり馴染んでいます。

【2日後】

気功エステを受けた日の夜に洗顔した際に、顔が立体的になったように手触りで感じました。その立体感と小顔感はずっと持続しています!
これが持ち上がったということなのでしょうか?!
続けたら、二重顎も何とかなるかも?!と期待がふくらんでおります。

ありがとうございました。

「気功エステ」詳しくはコチラ

気功エステ「小顔になったように感じます。」

札幌市 橋本恵さま(仮名) (51歳)今朝、お肌の手触りが違い、先生が遠隔で気功エステをしてくださっているのだとわかりました。
キメが細かくすべすべして、お化粧乗りがちがいます!
お肌の状態がいいと、気持ちも上がります。
顔の輪郭が引き締まったというのか、小顔になったように感じます。
今後が楽しみです。
ありがとうございます。引き続きよろしくお願いいたします。


「気功エステ」詳しくはコチラ

治療相談/コンサルティングのお申し込み

治療相談/コンサルティング受付中!あなたの病気・症状をしっかり把握することから始めます 無料お問合せ・ご相談フォーム

 
治療所
【北海道】
新得本院、札幌治療所

無料相談/コンサルティング 電話番号 お問合せフォーム