当院の気功法

AST気功とは?「手当」という治療
・・・それが当院の気功法「AST気功」です。

ぶつけたところに手を当てる、痛いところをさする、しばらくしたら痛みが治まった、という経験はありませんか?

微量ですが、人の手からは「気」が出ています。誰の手からも出ています。思わず手を当てる、さするという行為で、私たちは無意識に治療をしているのです。それが、古来からある「手当て」という治療です。

病気の患部には、マイナスのエネルギーがたまっています。これに対し、プラスのエネルギーを持った「手当て」の気が働き、患部をプラスに変えるのです。しかし、現代社会の病気のマイナスのエネルギーは膨大なものになっています。もはや、手当てでは病気は治りません。

当院の気功法、AST気功の気は、この「手当て」という治療の気のエネルギーを大きくしたものです。だから、ガン、難病、慢性病を治療出来るのです。

注)AST気功を習っていない方の手から出る気は微量です。治療のまねをして患部をさわると、マイナスのエネルギーを受けることがあります。重症の病気の治療はマネしないようにしてください。

AST気功師は、伝授という形でもらったプラスの気を手から出して、患部のマイナスを取り除いていきます。伝授が多いほど治療のエネルギーは多くなります。

治療相談/コンサルティングのお申し込み

治療相談/コンサルティング受付中!あなたの病気・症状をしっかり把握することから始めます 無料お問合せ・ご相談フォーム

 
治療所
【北海道】
新得本院、札幌治療所

無料相談/コンサルティング 電話番号 お問合せフォーム