脳梗塞の後遺障害~リハビリ治療~

AST気功の施療では、後遺障害が起こっている体の各部位と大脳を結んで、麻痺した神経伝達を回復する施術が可能です。しかも、施療中、患者さんは寝ているだけなので、動かない体を無理に動かして痛みを伴ったり、思うように動けないストレスを感じることはありません。

2011年9月4日(日)のNHKスペシャルで放送された、脳卒中のリハビリに匹敵するAST気功の動作の機能の技術は、出来ない動作に対し、患者さんの今一番理想の動作を具体的に脳に記憶させ、回復を目指すすぐれた治療法です。

2011年9月4日(日)のNHKスペシャルのページはこちら

○言語障害、歩行障害、半身麻痺、意識障害
○動作障害:物がつかめない、字が書けない、病院のリハビリの内容がうまく出来ない→ストレス
      歩き方がぎこちない、転ぶ、足で地面を踏みしめられない=力が入らない=不安定

治療相談/コンサルティングのお申し込み

治療相談/コンサルティング受付中!あなたの病気・症状をしっかり把握することから始めます 無料お問合せ・ご相談フォーム

 
治療所
【北海道】
新得本院、札幌治療所

無料相談/コンサルティング 電話番号 お問合せフォーム