脳梗塞で入院・集中治療中

つい最近、ご家族が脳梗塞の発作で運ばれ、現在入院して集中治療中の場合でも、AST気功は施療を行うことが出来ます。脳梗塞は、血管が詰まってから出来るだけ早く治療することが、その後の後遺障害の出方を少なくすることにつながります。病院での救命治療と同時に、出来るだけ早い段階からAST気功の治療を併用することをお勧めします。

「でも、ICUに入っているのに、どうやってASTの施療が受けられるの?」

入院中は、AST気功の遠隔治療で対応します。遠隔治療は、患者さんが入院中で来院出来ない時でも、施療が受けられる、便利な方法です。これにより、出来る限り早い対応が可能です。

現在、脳梗塞の後遺障害でリハビリ中、入院中などで治療をご希望の方は、一度ご相談ください。

治療相談/コンサルティングのお申し込み

治療相談/コンサルティング受付中!あなたの病気・症状をしっかり把握することから始めます 無料お問合せ・ご相談フォーム

 
治療所
【北海道】
新得本院、札幌治療所

無料相談/コンサルティング 電話番号 お問合せフォーム