耳の症状が起こるメカニズム

耳は外から順に、鼓膜の外の外耳→鼓膜→中耳→耳管、という構造になっています。耳管は鼻に通じています。音は、鼓膜が細かく振動することで伝えられます。

エレベーターなどで、上昇・下降の時、耳がキーンとするのは、外の空気の圧力が下がるのに対し、中耳の空気がそのままのために膨張し、鼓膜が外に押し出されて張った状態になり、振動することが出来ないために音が聞こえづらく感じます。下降の際も、同じ理屈で今度は鼓膜が逆方向(中耳側)に引っ張られるため、やはり聞こえづらくなります。

この状態は、つばを飲み込んだり、あくびをすると解消しますよね。それは、これらの行為により、中耳の奥につながっている耳管という部分が一瞬開くことで、外と中の気圧差がなくなるからです。

ちなみに、上りの時より下りの時の方がより聞こえづらかったり、耳が痛い、治りづらい、といったことが起こります。それは、下りの時は、中耳の内圧が下がるため、耳管が吸引されたように強力にくっついて離れにくくなるため、解消されにくいのです。

この耳管こそが、鍵を握る器官なのです。

治療相談/コンサルティングのお申し込み

治療相談/コンサルティング受付中!あなたの病気・症状をしっかり把握することから始めます 無料お問合せ・ご相談フォーム

 
治療所
【北海道】
新得本院、札幌治療所

無料相談/コンサルティング 電話番号 お問合せフォーム