「子宮筋腫」NHKためしてガッテン2011/11/30

子宮のこぶ!?それが子宮筋腫成人女性の5人に1人がもっているという子宮筋腫、危険なものなの?

「あっても問題ないのよ」「共存できる」「あれはすごく大変なのよ」「ガンになるらしい」「命にかかわるんだって」「不妊の原因らしい」 ちまたでは...意見が180°わかれています。

ものによっては、こんな症状を引き起こすこともあるとか!

大量出血/不妊/流産/腹痛/ガン

自覚症状は全くなく、検診で子宮筋腫が見つかってはじめてわかった、でも、定期健診を勧められるだけで、とくになにも処置されない人がいる一方で、症状が重く、手術で取った、という人も...。

危険な子宮筋腫の条件ってなに?大きさ?数?形?なにがちがう?その答えは・・・出来る場所でした。

子宮は筋肉でできていて、妊娠中には1,000倍にも伸びているんだとか!子宮筋腫はその筋肉の中に出来ます。そしてその場所別にタイプが分かれます。

子宮筋腫の出来る場所のタイプタイプは3つ。その内、危険なのは1つ。

1. 横こぶ(筋層内筋腫)
2. 外こぶ(漿膜下筋腫)
3. 内こぶ(粘膜下筋腫)

1と2は、子宮を縁取る筋肉の中に出来るタイプで、経過観察の対象となります。様子見、のタイプ。3が問題のタイプです!

子宮内膜の面積が増える原因となり、小さくても大量出血して貧血を引き起こしたり、大きくなると不妊の原因にもなるとか!痛みや出血などの症状が重症化する理由は、子宮の動きにありました。

貴重映像からわかる!子宮の神秘子宮が時期により動きを変えるワケ

1. 生理前 → 動いていない:受精卵が子宮内のあるかもしれないので、静かにしている
2. 生理後 → 外から内へ収縮:卵子があるので、精子が入ってきたときに受精しやすいようにする
3. 生理時 → 内から外へ収縮:排出

3の動きがポイントです。子宮筋腫が内側に出来ると、それを排出しようと3の動きをします。それにより、痛みが出たり、筋腫から出血したりするのです。

治療相談/コンサルティングのお申し込み

治療相談/コンサルティング受付中!あなたの病気・症状をしっかり把握することから始めます 無料お問合せ・ご相談フォーム

 
治療所
【北海道】
新得本院、札幌治療所

無料相談/コンサルティング 電話番号 お問合せフォーム